logo_s


Digital Photographs

トップページ > 日本看護協会認定看護師の資格と更新の方法

---日本看護協会認定看護師の資格と更新の方法---

 認定看護師は、特定の分野の看護において、熟練した技術と知識を有していることが日本看護協会に認められている看護師です。 認定看護師の役割は、実践、指導、相談の3つになります。 実践とは個人や家族、集団に対して、自身が持つ看護技術を駆使し、一般よりも質の高い看護を行います。 指導では、看護の実践をすることによって、看護職を行う人に対して指導していきます。 相談というのは、看護職を行う人が持っている問題などに沿って、コンサルテーション(相談)を行っていきます。

認定看護師の資格と更新の方法


 役割としては専門看護師よりも少ないですが、その分より多分野にわたる技術と知識を持っているのが認定看護師となります。 認定看護師の特定看護分野は、救急看護、皮膚・排泄ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護などを含む全21分野です。

 認定看護師の資格を取得するには、看護師免許を取得していることが基本になります。 そして、看護師免許を取得後、実務研修が通算5年以上、そのうち3年以上は認定看護分野に特化した実務研修を行っていなくてはいけません。 これが受験資格となり、この資格を持っている場合は似て、看護師教育機関で6ヶ月、615時間以上の研修を受けます。 この研修が修了すると認定審査を受けられるようになります。 審査方法は筆記試験で、マーシーと方式四肢択一となっていて、客観式一般問題、客観式状況設定問題が各20門ずつ計40門、150点満点となっています。

 この審査に合格すると、晴れて認定看護師となることができますが、認定看護師のレベルを保持するために更新制が施行されています。 更新は認定後5年ごとに行われますが、その際には、看護師免許を有していて認定看護師であること、看護実践時間が2000時間以上、規定の内容に沿った自己研鑽の実績が50点以上であることが必要になります。 更新の場合でもこれらの条件を満たした上で申請を行い、合否が決まるので、決められた期間内に必ず申請をしましょう。




copyright 1999-2014 日本看護協会ガイダンス all rights reserved.