logo_s


Digital Photographs

トップページ > 日本看護協会の看護師への研修の内容

---日本看護協会の看護師への研修の内容---

 日本看護協会では、看護師の質の向上のためにさまざまな研修を行っていますが、現在もっとも力を入れているのが「特定行為に関わる看護師の研修制度」です。 看護師は診療補助というのが主要な業務になりますが、この業務の中でも専門的な知識と技術が必要とされる補助を特定行為と位置づけています。 医師の指示によって業務を行うにあたり、包括的に補助を行える仕組みを制度化したのが、特定行為に関わる看護師の研修制度になります。 この特定行為を実施する場合の研修内容は、厚生労働省によって定められた基準に適合した指定研修の受講となっています。 これは義務付けられていることで、看護師が指定の研修を受講していない場合は、特定行為実施に関わる研修を受けなくてはいけません。

看護師の研修風景


 また、日本看護協会は看護研修学校と神戸研修センターで生涯学習支援という形で、あらゆる研修を行っています。 看護師の能力維持、能力向上という目的はもちろんですが、医療業界における重点政策や事業、国の施策と連動した研修を構成しています。 その中でも主となっているのが、認定看護師教育課程です。 認定看護師の教育課程の研修内容は、看護研修学校と神戸研修センターによって異なります。

 看護師研修学校では、救急看護、集中ケア、感染管理、小児救急看護、糖尿病看護、皮膚・排泄ケアの研修を行います。 神戸研修センターでは、がん化学療法看護、感染管理、緩和ケアの3課程を行っています。 これらをトータルして受講した上で認定看護師となることで、より質の高い看護を提供していくことができます。 また、がん医療に携わる看護研修、新人看護職員研修なども行われたりします。




copyright 1999-2014 日本看護協会ガイダンス all rights reserved.